議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 函館市

平成14年第4回 9月定例会 09月27日−06号




平成14年第4回 9月定例会 − 09月27日−06号









平成14年第4回 9月定例会



         平成14年第4回函館市議会定例会会議録 第6号



  平成14年9月27日(金曜日)           午前10時12分開議

                            午前10時46分閉会



==========================================



〇議事日程

日程第1

 議案第1号 平成14年度函館市一般会計補正予算

 議案第2号 平成14年度函館市水道事業会計補正予算

 議案第3号 平成14年度函館市交通事業会計補正予算

 議案第4号 函館市情報公開条例の一部改正について

 議案第5号 函館市税条例の一部改正について

 議案第6号 函館市老人医療費助成条例の一部改正について

 議案第7号 函館市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例の一部改正について

 議案第8号 函館市学校設置条例の一部を改正する条例の一部改正について

 議案第9号 函館市火災予防条例の一部改正について

 議案第10号 工事請負契約について((14)市営住宅日吉3丁目団地4号棟新築主体工事)

 議案第11号 損害賠償の額について

 議案第12号 同    件

 議案第13号 函館市重度心身障害者医療費助成条例等の一部を改正する条例の制定について

       (以上、各常任委員会審査報告)

日程第2

 議案第14号 教育委員会の委員の任命の同意について

日程第3

 議案第15号 人権擁護委員候補者の推薦について

日程第4

 意見書案第1号 奨学金制度の拡充を求める意見書

 意見書案第2号 介護保険制度の改革を求める意見書

 意見書案第3号 食品品質表示制度等食品の安全確保を求める意見書

 意見書案第4号 障害者支援費制度の改善・充実を求める意見書

 意見書案第5号 アメリカのイラクなどへの武力行使中止と国連憲章に沿った平和秩序の維持を求める意見書

 意見書案第6号 公共事業受注企業の政治献金規制を求める意見書

 意見書案第7号 住民基本台帳ネットワークシステムの施行中止を求める意見書

 意見書案第8号 個人情報保護法制の整備を求める意見書

 意見書案第9号 道路整備に関する意見書

 意見書案第10号 年金の引き下げ中止を求める意見書

日程第5

 閉会中継続審査および継続調査について

日程第6

 報告第1号 平成13年度函館市一般会計継続費精算報告書

 報告第2号 例月現金出納検査報告

──────────────────────

〇本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

──────────────────────

〇出席議員(33人)

        2番 熊 坂 成 剛

        3番 石 井   満

        4番 福 島 恭 二

        5番 阿 部 義 人

        6番 黒 島 宇吉郎

        7番 中 江 捷 二

        8番 瀬 尾 保 雄

        9番 敦 賀 敬 之

       10番 出 村 勝 彦

       11番 北 原 善 通

       12番 本 間   新

       13番 小 玉 陽 造

       14番 岩 谷 正 信

       15番 八日市 和 広

       16番 高 橋   亨

       17番 能 川 邦 夫

       18番 阿 部 善 一

       19番 上 谷 俊 夫

       20番 志賀谷   隆

       21番 茂 木   修

       22番 浜 野 幸 子

       23番 工 藤 恵 美

       25番 能登谷   公

       26番 小 川   進

       27番 渡 辺 扶佐子

       28番 板 倉 一 幸

       29番 竹 花 郁 子

       30番 小谷野 千代子

       31番 丸 尾 隆 子

       32番 高 橋 佳 大

       33番 白 崎 憲司郎

       35番 桶 本 建 郎

       36番 井 田 範 行

──────────────────────

〇欠席議員(2人)

       24番 久 保 幸 一

       34番 小野沢 猛 史

======================

          午前10時12分開議



○議長(岩谷正信) おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第1 議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算、以下議案13件を一括議題といたします。

 各件について、順次委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長 北原 善通議員。

  (総務常任委員長 北原 善通議員登壇)

  (拍手)



◎総務常任委員長(北原善通) 総務常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案5件を一括して審査し、委員より

 摩周丸の保存活用の考え方と今後の管理運営について

 摩周丸の将来を見据えた保存活用と周辺整備について

の質疑があり、理事者から

 摩周丸については、株式会社函館シーポートプラザと同社の筆頭株主であるJR北海道、さらには市が摩周丸の処理などについて検討協議をする中で、これまで市を初め、JR北海道、政策投資銀行、市内の各企業等も出資をして、一つの公共的な目的を持って、船を保存活用してきたという経過から、今後も摩周丸の公共性を確保する必要があるとの考えに立ち、公の施設として市が保存活用するべきとの判断に至ったものである。

 今後の管理運営に当たっては、函館市文化・スポーツ振興財団に利用料金制度による委託契約を行いたいと考えており、収益性の確保について努力をしていただきたいと考えているほか、当該財団の設立目的が妨げられることや、過大な財政負担とならないよう今後協議を進めていきたいと考えている。

 このたびの摩周丸にかかわる補正予算は、市が摩周丸を公の施設として購入し、当面策として船体の全面的な塗装改修や展示のリニューアル等を図るため、保存活用関係費として約4億6,000万円をお願いするものである。

 保存活用に当たっては、二段階で進めることを考えており、まずは当面の措置として、現在のフレームの中での展示の充実を図り、定期観光バスの乗り入れなど、エージェントへの積極的な働きかけにより、修学旅行生など入館者の増に努めていきたいと考えている。

 将来の活用については、2等船室や貨車甲板等の未公開部分についていろいろな意見があるが、今後できるだけ早い時期に、摩周丸の関係団体を初め、まちづくりの市民活動団体、海洋分野の研究者なども含めた広範囲な委員で構成する懇談会を設置したいと考えており、その他若者や子供たちの意見を取り入れることも検討していきたい。

 また、摩周丸の活用に当たっては、隣接するピアマーケットと一体となった相乗的な活用が図られるよう、JR北海道と連携を取りながら努めてまいりたい。

 周辺整備については、来年JR駅舎が完成し、駅舎から摩周丸周辺への動線が確保されることとなり、今後も周辺地域全体での活用について検討していきたいと考えている。

との答弁がありました。

 以上が審査の概要であります。

 結局、委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第4号函館市情報公開条例の一部改正について、議案第5号函館市税条例の一部改正について、議案第8号函館市学校設置条例の一部を改正する条例の一部改正について及び議案第9号函館市火災予防条例の一部改正についての以上5件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 なお、詳細については、委員会記録によって御承知おき願いたいと存じます。

 以上で総務常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 経済常任委員長 小川 進議員。

  (経済常任委員長 小川 進議員登壇)

  (拍手)



◎経済常任委員長(小川進) おはようございます。

 経済常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案3件を順次審査し、委員より

 農地情報管理システム整備事業について

の質疑があり、理事者から

 当該事業は、農業委員会が管理している農地基本台帳の農家にかかわる住民基本台帳や固定資産税台帳の情報をフロッピーディスクによって自動更新処理ができるとともに、地図情報処理も連動化させ、農業者に係る各種統計資料が自動的に集計できるようにするものである。

 また、これらの情報管理体制では、パスワードを交付された関係職員しか操作ができないものとし、いつ、だれが、どのような操作をしたのかを記録に残すことなどにより、収集した個人情報が外部に漏洩しないよう万全の対策を講じていきたい。

との答弁がありました。

 以上が審査の概要であります。

 結局、委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第3号平成14年度函館市交通事業会計補正予算、議案第12号損害賠償の額についての以上3件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 なお、詳細については、委員会記録によって御承知願いたいと存じます。

 以上で経済常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 建設常任委員長 工藤 恵美議員。

  (建設常任委員長 工藤 恵美議員登壇)

  (拍手)



◎建設常任委員長(工藤恵美) 建設常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案3件を順次審査いたしましたが、特に報告すべき事項はありませんでした。

 結局、委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第2号平成14年度函館市水道事業会計補正予算及び議案第10号工事請負契約についての以上3件をいずれも満場一致で原案のとおり可決をいたしました。

 以上で建設常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 民生常任委員長 能川 邦夫議員。

  (民生常任委員長 能川 邦夫議員登壇)

  (拍手)



◎民生常任委員長(能川邦夫) 民生常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案5件を一括して審査いたしましたが、特に報告すべき事項はありませんでした。

 結局、委員会は、議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第6号函館市老人医療費助成条例の一部改正について、議案第7号函館市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例の一部改正について、議案第11号損害賠償の額について及び議案第13号函館市重度心身障害者医療費助成条例等の一部を改正する条例の制定についての以上5件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 以上で民生常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 以上で各委員長の報告は終わりました。

 ただいまの各委員長の報告に対する質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 討論を行います。

 討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 討論を終結いたします。

 これよりただいま議題となっております13件を採決いたします。

 議案第1号平成14年度函館市一般会計補正予算から、議案第13号函館市重度心身障害者医療費助成条例等の一部を改正する条例の制定についてまで、以上13件を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は原案可決であります。

 各案は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、各案は原案のとおり可決いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第2 議案第14号教育委員会の委員の任命の同意についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。



◎市長(井上博司) ただいま議題となりました議案第14号教育委員会の委員の任命の同意についてでございますが、平成14年10月14日に任期満了なります中野 豊氏につきましては適任と認め、再度任命いたそうとするものでございます。

 よろしく御審議の上、御同意くださるようお願い申し上げます。



○議長(岩谷正信) 質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 討論を行います。

 討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 討論を終結いたします。

 これより議案第14号教育委員会の委員の任命の同意についてを採決いたします。

 本案の採決は無記名投票で行います。

 議場の出入り口を閉鎖させます。

  (議場の出入り口を閉鎖)



○議長(岩谷正信) ただいまの表決権を有する出席議員数は32人であります。

 投票用紙を配付させます。

  (投票用紙を配付)



○議長(岩谷正信) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 配付漏れなしと認めます。

 念のため申し上げます。

 本案に賛成の議員は可と、反対の議員は否と記載願います。

 なお、重ねて申し上げます。

 投票中、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は否とみなします。

 投票並びに開票の立会人に

      19番 上 谷 俊 夫 議 員

      35番 桶 本 建 郎 議 員

を指名いたしますので、立ち会いをお願いいたします。

 投票箱を点検させます。

  (投票箱を点検)



○議長(岩谷正信) 異状なしと認めます。

 点呼に応じて順次投票願います。

 事務局長に点呼させます。

  (上田事務局長の点呼に応じ投票)

      2番 熊 坂 成 剛 議 員

      3番 石 井   満 議 員

      4番 福 島 恭 二 議 員

      5番 阿 部 義 人 議 員

      6番 黒 島 宇吉郎 議 員

      7番 中 江 捷 二 議 員

      8番 瀬 尾 保 雄 議 員

      9番 敦 賀 敬 之 議 員

      10番 出 村 勝 彦 議 員

      11番 北 原 善 通 議 員

      12番 本 間   新 議 員

      13番 小 玉 陽 造 議 員

      15番 八日市 和 広 議 員

      16番 高 橋   亨 議 員

      17番 能 川 邦 夫 議 員

      18番 阿 部 善 一 議 員

      19番 上 谷 俊 夫 議 員

      20番 志賀谷   隆 議 員

      21番 茂 木   修 議 員

      22番 浜 野 幸 子 議 員

      23番 工 藤 恵 美 議 員

      25番 能登谷   公 議 員

      26番 小 川   進 議 員

      27番 渡 辺 扶佐子 議 員

      28番 板 倉 一 幸 議 員

      29番 竹 花 郁 子 議 員

      30番 小谷野 千代子 議 員

      31番 丸 尾 隆 子 議 員

      32番 高 橋 佳 大 議 員

      33番 白 崎 憲司郎 議 員

      35番 桶 本 建 郎 議 員

      36番 井 田 範 行 議 員



○議長(岩谷正信) 投票漏れはありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。

 議場の出入り口の閉鎖を解きます。

  (議場の出入り口の閉鎖を解く)



○議長(岩谷正信) 開票を行います。

  (開 票)



○議長(岩谷正信) 立会人は自席へお戻りください。

 開票結果を報告いたします。

 投票総数32票、これは先ほどの表決権を有する出席議員数に符合いたしております。

 そのうち

  可と記載されたもの 31票

  否と記載されたもの 1票

したがって、以上のとおり可と記載されたものが多数であります。したがって、本案は同意することに決定いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第3 議案第15号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。



◎市長(井上博司) ただいま議題となりました議案第15号人権擁護委員候補者の推薦についてでございますが、平成14年12月31日に任期満了となります上嶋 康夫氏の後任として岩崎 順造氏を推薦いたそうとするものでございます。

 よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(岩谷正信) 質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 討論を行います。

 討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 討論を終結いたします。

 これより議案第15号人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。

 本案は諮問のとおり答申することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、本案は諮問のとおり答申することに決定いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第4 意見書案第1号奨学金制度の拡充を求める意見書、以下意見書案10件を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 各案については、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 各案については委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 討論を行います。

 討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 討論を終結いたします。

 これよりただいま議題となっております10件を順次採決いたします。

 まず、意見書案第1号奨学金制度の拡充を求める意見書から、意見書案第4号障害者支援費制度の改善・充実を求める意見書まで、及び意見書案第8号個人情報保護法制の整備を求める意見書の以上5件を一括して採決いたします。

 各案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、各案は原案のとおり可決いたしました。

 次に、意見書案第5号アメリカのイラクなどへの武力行使中止と国連憲章に沿った平和秩序の維持を求める意見書を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、本案は原案のとおり可決いたしました。

 次に、意見書案第6号公共事業受注企業の政治献金規制を求める意見書を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議あり」「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありますので、起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

  (賛成者 起立)



○議長(岩谷正信) 起立多数であります。したがって、本案は原案のとおり可決いたしました。

 次に、意見書案第7号住民基本台帳ネットワークシステムの施行中止を求める意見書を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議あり」「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありますので、起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

  (賛成者 起立)



○議長(岩谷正信) 起立少数であります。したがって、本案は否決いたしました。

 次に、意見書案第9号道路整備に関する意見書を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、本案は原案のとおり可決いたしました。

 次に、意見書案第10号年金の引き下げ中止を求める意見書を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議あり」「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありますので、起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

  (賛成者 起立)



○議長(岩谷正信) 起立少数であります。したがって、本案は否決いたしました。

 お諮りいたします。

 ただいま意見書案が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任いただきたいと思います。これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第5 閉会中継続審査及び継続調査について、各常任委員長及び議会運営委員長並びに決算特別委員長から、委員会において審査または調査中の各事件について、配付の申し出項目一覧表のとおり、継続審査または継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査または継続調査に付することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第6 報告第1号平成13年度函館市一般会計継続費精算報告書、以下報告2件を一括議題といたします。

 質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 以上をもちまして本定例会に付議されました事件は、継続審査の事件を除きすべて議了いたしました。

 閉会に当たり、市長からごあいさつがあります。



◎市長(井上博司) 平成14年第4回市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会は、9月11日招集以来、本日まで17日間にわたりましたが、議員の皆様には補正予算及び条例等の各案件につきまして御審議をいただき、おかげをもちまして議決及び同意をいただきましたことを厚く御礼申し上げます。

 なお、決算22件につきましては、継続審査をいただくことになりましたので、よろしくお願いを申し上げます。

 また、御審議の過程でいただきました御意見、御要望などにつきましては、今後の市政執行の中で十分尊重し、配慮してまいりたいと存じます。

 さて、今議会では、市制施行80周年記念事業として、初のナイター議会が開催されたところでありますが、多くの市民の皆様が傍聴され、市政運営にかかわる各議員の質問に対し、熱心に耳を傾けていただきましたことを大変喜ばしく存じているところであります。

 私といたしましても、これまでさまざまな形で開かれた市政運営に取り組んでまいりましたが、今後ともその推進に努めてまいる所存でございますので、議員の皆様には一層の御理解と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げる次第でございます。

 時節柄、議員各位におかれましては、何かと御多忙のことと存じますが、御自愛の上、市勢発展のためお力添えをいただきますようお願いを申し上げまして、市議会定例会の閉会に当たってのごあいさつといたします。

 まことにありがとうございました。(拍手)



○議長(岩谷正信) 今定例会、ナイター議会を含めて各会派、各議員の皆さん、そしてまた市民の皆さんに特段の御協力をいただきましたことを、私からも感謝を申し上げまして、これをもちまして平成14年第4回函館市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労さまでございます。

          午前10時46分閉会







  地方自治法第123条第2項の規定により署名します。









  函館市議会議長         岩 谷 正 信









  函館市議会副議長        瀬 尾 保 雄







 会議録署名者

  函館市議会議員         阿 部 義 人









  函館市議会議員         上 谷 俊 夫









  函館市議会議員         茂 木   修