議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 函館市

平成14年第1回 2月定例会 03月14日−07号




平成14年第1回 2月定例会 − 03月14日−07号









平成14年第1回 2月定例会



         平成14年第1回函館市議会定例会会議録 第7号



  平成14年3月14日(木曜日)           午前11時43分開議

                            午後 0時06分散会



==========================================



〇議事日程

日程第1

 決議案第1号 鈴木宗男衆議院議員の辞職を求める決議

日程第2

 議案第23号 平成13年度函館市一般会計補正予算

 議案第24号 平成13年度函館市港湾事業特別会計補正予算

 議案第25号 平成13年度函館市自転車競走事業特別会計補正予算

 議案第26号 平成13年度函館市水産物地方卸売市場事業特別会計補正予算

 議案第27号 平成13年度函館市介護保険事業特別会計補正予算

 議案第28号 平成13年度函館市病院事業会計補正予算

 議案第29号 平成13年度函館市公共下水道事業会計補正予算

 議案第30号 平成13年度函館市交通事業会計補正予算

 議案第48号 函館市土地開発基金条例等の一部を改正する条例の制定について

 議案第56号 函館市放牧場条例の一部改正について

 陳情第10号 国民健康保険・介護保険に関する陳情(第2項)

 陳情第34号 函館市七五郎沢最終処分場における医療系感染性廃棄物埋立て違法処理に関し函館市に調査及び即刻中止・改善をするよう勧告することを求める陳情

 陳情第59号 中小企業の当面する金融上の困難を解消し、「金融アセスメント法」の制定を求める意見書提出を要望する陳情

       (以上、各常任委員会審査報告)

日程第3

 請願の付託替えについて

 請願第3号 医療保険制度改悪と医療助成の後退に反対し、改善を求める請願(第2項、第3項)

──────────────────────

〇本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

──────────────────────

〇出席議員(35人)

        2番 熊 坂 成 剛

        3番 石 井   満

        4番 福 島 恭 二

        5番 阿 部 義 人

        6番 黒 島 宇吉郎

        7番 中 江 捷 二

        8番 瀬 尾 保 雄

        9番 敦 賀 敬 之

       10番 出 村 勝 彦

       11番 北 原 善 通

       12番 本 間   新

       13番 小 玉 陽 造

       14番 岩 谷 正 信

       15番 八日市 和 広

       16番 高 橋   亨

       17番 能 川 邦 夫

       18番 阿 部 善 一

       19番 上 谷 俊 夫

       20番 志賀谷   隆

       21番 茂 木   修

       22番 浜 野 幸 子

       23番 工 藤 恵 美

       24番 久 保 幸 一

       25番 能登谷   公

       26番 小 川   進

       27番 渡 辺 扶佐子

       28番 板 倉 一 幸

       29番 竹 花 郁 子

       30番 小谷野 千代子

       31番 丸 尾 隆 子

       32番 高 橋 佳 大

       33番 白 崎 憲司郎

       34番 小野沢 猛 史

       35番 桶 本 建 郎

       36番 井 田 範 行

======================

          午前11時43分開議



○議長(岩谷正信) おはようございます。

 ただいまから本日の会議を開きます。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第1 決議案第1号鈴木宗男衆議院議員の辞職を求める決議を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案については、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 討論を行います。

 討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 討論を終結いたします。

 これより決議案第1号鈴木宗男衆議院議員の辞職を求める決議を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 御異議がありませんので、本案は原案のとおり可決いたしました。

 お諮りいたします。

 ただいま決議案が議決されましたが、その条項、字句、数字その他の整理を議長に委任いただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第2 議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算以下議案10件及び陳情第10号国民健康保険・介護保険に関する陳情(第2項)以下陳情3件、以上13件を一括議題といたします。

 各件について、順次委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長 北原 善通議員。

  (総務常任委員長 北原 善通議員登壇)

  (拍手)



◎総務常任委員長(北原善通) 総務常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案3件を一括して審査し、委員より

 競輪事業における売り上げ減に伴う補正の要因と今後の対策について

 市税収入における法人市民税、固定資産税の減額補正の要因について

の質疑があり、理事者から

 競輪事業の売り上げの減少については、全国的に長引く景気の低迷や娯楽、レジャーの多様化の中で、競輪の魅力を高めることができなかったことなどが言われており、加えて当市においては施設環境の悪化が進んでいたため、既存ファンの減少や新規ファンの獲得ができなかったことが主な要因と考えており、これらの動向が予想以上に進んだことや、現在の改築工事のため開催日程が4日制となり、決定の回数が少なくなったこと、また代替え開催を行った2市も予想以上に売り上げが上がらなかったことから、当初の積算と実際の車券の発売額に差が生じたものであり、今回補正をお願いしたものである。

 今後については、改築後の新競輪場についての広報に力を入れ、一人でも多くの方が来場してもらうよう努力するとともに、新賭式の導入、特別競輪のふるさとダービー等の定期的な誘致、さらには記念競輪の臨時場外設置の拡大を図るなど売り上げ増に努めていきたい。

 このたびの市税にかかわる減額補正は、景気の低迷を受け、市税収入のうち法人市民税と固定資産税に影響が生じてきているのが大きな要因となっているものである。そのうち法人市民税については、景気の低迷から金融システム不安や消費の低迷により、特に金融・保険業、建設業、運輸・通信業などの各業種において調定額そのものが落ち込んだことによるものである。

 また、固定資産税については、調定額そのものに大きな変動はないが、景気の低迷による廃業やリストラによる失業のため、自宅を持っているが収入がなく、固定資産税を支払うことができない方などが増加し、他の税に比べて収納率が落ち込んだことによるものである。これらの対策として、夜間催告や預貯金の差し押さえなどにより対応しているが、今後収納率向上に一層の努力をしていきたい。

との答弁がありました。

 以上が審査の概要であります。

 結局、委員会は議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第25号平成13年度函館市自転車競走事業特別会計補正予算及び議案第48号函館市土地開発基金条例等の一部を改正する条例の制定についての以上3件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 なお、詳細については委員会記録により御承知願いたいと存じます。

 以上で総務常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 経済常任委員長 小川 進議員。

  (経済常任委員長 小川 進議員登壇)

  (拍手)



◎経済常任委員長(小川進) 経済常任委員会に付託されました議案及び陳情について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案4件を順次審査し、委員より

 中小企業金融融資対策費にかかわって、市の融資制度の利用促進について

 函館市放牧場条例の一部改正にかかわって、委託先団体と委託後の管理体制について

の質疑があり、理事者から

 市の融資制度については、チャレンジ資金や経営活力資金などさまざまなメニューを用意し、市内の民間金融機関と協調して中小企業等に対する融資を行っており、年々融資枠を拡大するなど制度の充実を図っている。借りる側の中小企業者のメリットとしては、金利が低利であること、固定金利であること、返済期間が長期のためゆっくり返済できることなどが挙げられ、十分、不十分はあるが、多くの方に利用していただいている。地域の経済情勢が厳しい中、市としては今後も地域経済の活性化に向けて、商工会議所初めとする経済団体とも連携を取りながら取り組んでまいりたい。

 放牧場の管理業務委託については、平成元年度から関係団体に委託してきており、平成13年度は旧函館市農協に委託していたところであるが、このたびの農協合併により、今後は新函館農業協同組合に委託することとしたものである。

 また、委託後の管理状況に対する市のチェックについては、業務日誌や経理簿等を整備させ、毎月放牧畜の定期健康検査時に管理状況を現地で確認し、必要に応じて報告を求めている。

との答弁がありました。

 以上が審査の概要であります。

 結局、委員会は議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第26号平成13年度函館市水産物地方卸売市場事業特別会計補正予算、議案第30号平成13年度函館市交通事業会計補正予算及び議案第56号函館市放牧場条例の一部改正についての以上4件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 また、陳情第59号中小企業の当面する金融上の困難を解消し、「金融アセスメント法」の制定を求める意見書提出を要望する陳情は、満場一致で採択すべきものと決定いたしました。

 なお、詳細については委員会記録によって御承知願いたいと存じます。

 以上で経済常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 建設常任委員長 工藤 恵美議員。

  (建設常任委員長 工藤 恵美議員登壇)

  (拍手)



◎建設常任委員長(工藤恵美) 建設常任委員会に付託されました議案について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案3件を順次審査いたしましたが、特に報告すべき事項はありませんでした。

 結局、委員会は議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第24号平成13年度函館市港湾事業特別会計補正予算及び議案第29号平成13年度函館市公共下水道事業会計補正予算の以上3件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 以上で建設常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 民生常任委員長 能川 邦夫議員。

  (民生常任委員長 能川 邦夫議員登壇)

  (拍手)



◎民生常任委員長(能川邦夫) 民生常任委員会に付託されました議案及び陳情について、その審査の経過と結果を御報告いたします。

 委員会は、議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、以下議案3件を順次審査し、委員より

 健康診査費を増額する理由について

 市立保育所管理運営所要経費を増額する理由について

 函館病院での退職給与金を増額する理由と看護師の採用について

の質疑があり、理事者から

 健康診査費の増額については、胃がん検診などの受診者数がやや減少した中で、子宮がん検診は大幅に増加したため、受診者総数が増加したことによるものである。

 市立保育所管理運営所要経費の増額については、保育士の病気療養休暇などや特別保育の利用者増に対応するため、保育士の臨時雇用に要する経費が増となったことによるものである。

 函館病院での退職給与金の増額は、当初予定していなかった勧奨退職者が出たことなどが大きな要因であり、また看護師の採用については、医療の質の向上、人材の確保などの観点から、年齢枠の見直しなども含め検討しているところである。

との答弁がありました。

 以上が審査の概要であります。

 結局、委員会は議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算中、当委員会付託部分、議案第27号平成13年度函館市介護保険事業特別会計補正予算及び議案第28号平成13年度函館市病院事業会計補正予算の以上3件をいずれも満場一致で原案のとおり可決いたしました。

 また、陳情第10号国民健康保険・介護保険に関する陳情の第2項は賛成少数で不採択とすべきものと決定し、陳情第34号函館市七五郎沢最終処分場における医療系感染性廃棄物埋立て違法処理に関し函館市に調査及び即刻中止・改善をするよう勧告することを求める陳情については満場一致で不採択すべきものと決定いたしました。

 なお、詳細につきましては委員会記録によって御承知願いたいと存じます。

 以上で民生常任委員会の報告を終わります。(拍手)



○議長(岩谷正信) 以上で各委員長の報告は終わりました。

 ただいまの各委員長の報告に対する質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 質疑を終結いたします。

 討論を行います。

 討論はありませんか。

  (「なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 討論を終結いたします。

 これよりただいま議題となっております13件を順次採決いたします。

 まず、議案第23号平成13年度函館市一般会計補正予算から議案第30号平成13年度函館市交通事業会計補正予算まで、議案第48号函館市土地開発基金条例等の一部を改正する条例の制定について及び議案第56号函館市放牧場条例の一部改正について、以上10件を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は原案可決であります。

 各案は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、各案は原案のとおり可決いたしました。

 次に、陳情第10号国民健康保険・介護保険に関する陳情(第2項)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議あり」「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。

  (賛成者 起立)



○議長(岩谷正信) 起立多数であります。したがって、本件は不採択と決定いたしました。

 次に、陳情第34号函館市七五郎沢最終処分場における医療系感染性廃棄物埋立て違法処理に関し函館市に調査及び即刻中止・改善をするよう勧告することを求める陳情の第1項及び第3項を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、本件は委員長の報告のとおり不採択と決定いたしました。

 次に、陳情第34号函館市七五郎沢最終処分場における医療系感染性廃棄物埋立て違法処理に関し函館市に調査及び即刻中止・改善をするよう勧告することを求める陳情の第2項及び第4項を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、本件は委員長の報告のとおり不採択と決定いたしました。

 次に、陳情第59号中小企業の当面する金融上の困難を解消し、「金融アセスメント法」の制定を求める意見書提出を要望する陳情を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、本件は委員長の報告のとおり採択と決定いたしました。

──────────────────────



○議長(岩谷正信) 日程第3 請願の付託替えについてを議題といたします。

 既に民生常任委員会に付託しております請願第3号医療保険制度改悪と医療助成の後退に反対し、改善を求める請願(第2項、第3項)については、民生常任委員長から、さきに関連議案が付託されている予算特別委員会に付託がえをされたい旨の申し出があります。

 お諮りいたします。

 民生常任委員長からの申し出のとおり、請願第3号の第2項及び第3項については、さきに設置した予算特別委員会に付託がえすることに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 以上をもちまして本日の日程は終了いたしました。

 お諮りいたします。

 委員会審査のため、3月15日から3月26日までの12日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」の声あり)



○議長(岩谷正信) 異議がありませんので、そのように決定いたしました。

 次の本会議は3月27日午前10時から開きますので、御参集ください。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

 御苦労さまでございます。

          午後0時06分散会