議事ロックス -地方議会議事録検索-


北海道 札幌市

平成17年(常任)経済公営企業委員会−09月12日-記録




平成17年(常任)経済公営企業委員会
 札幌市議会経済公営企業委員会記録
           平成17年9月12日(月曜日)
      ────────────────────────
      開 会 午後1時
○山田一仁 委員長  ただいまから、経済公営企業委員会を開会いたします。
 報告事項でありますが、特にございません。
 それでは、議事に入ります。
 最初に、2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会の概要についてを議題とし、理事者より説明を受けます。
◎中田 観光文化局理事  2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会の概要についてご報告をさせていただきます。
 札幌市がノルディックスキー世界選手権を招致いたしましたのは、1972年の冬季オリンピック開催以来、本市では、第1回アジア大会、それから第2回目のアジア大会等を開催してきておりますけれども、第15回のユニバーシアードを1991年に開催して以来、その後、大規模な世界的な冬季スポーツイベントを開催してきていないところでございます。そうしたことから、一つには、札幌が冬のスポーツ交流都市として世界の人々にその魅力を再認識してもらいたいということが大きな目的としてございます。また、国内外の低迷する冬季スポーツの活性化へ向けての機会にしたいということも理由の一つでございます。また、参加各国との相互理解あるいは信頼関係を深めまして、ひいては世界平和にも貢献したいというようなところでございます。
 このため、4度にわたりまして招致活動を展開いたしました。平成14年6月に、スロベニアのポルトロッツで開催されました国際スキー連盟、FISの総会において、本大会の決定を得たところでございます。これを受けまして、平成15年に組織委員会を設立いたしまして、現在までFISと本大会にかかわります実施計画の協議を重ねてきているところでありますが、本大会は冬季スポーツの拠点都市札幌として、私どもとしては何としても成功させなければいけない大会であると決意をして取り組んでいるところでございます。
 本日は、本大会を1年半後に控えまして、計画がおおむねまとまりましたので、その概要につきましてスポーツ部長からご報告をさせていただきます。
◎川井 スポーツ部長  まず、各委員のお手元には、2種類の資料をご配付させていただいております。
 一つは、経済公営企業委員会資料2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会の概要についてというものでございます。また、もう一つは、別紙資料となっております。
 なお、別紙資料の末尾には、競技及び種目などの内容説明が参考までについておりますので、ご参照いただきたいと思います。
 それでは、お手元のページ1、概要についての資料に基づき、順次、ご説明申し上げたいと思います。
 ことし7月10日に開催されました国際スキー連盟FISの協議で、ほぼ事業実施案の全貌が示されたところであります。事業規模の拡大に伴いまして、詳細については、現在、精査中でございますので、この場では計画の骨子についてご説明をさせていただきます。
 なお、大会の意義につきましては、先ほど理事からご説明をいただきましたので、割愛させていただきます。
 それでは、大会概要の説明に先立ちまして、札幌大会の特色について、まずご説明申し上げます。
 ノルディックスキー競技は、自然形状を生かして行われるものであり、従来の大会は自然に恵まれたヨーロッパの小都市を中心に開催されてまいりました。本市は、大都市でありながら、自然に恵まれた都市でございます。
 札幌大会の最大の特色は、その自然を生かした白旗山競技場や大倉山、宮の森ジャンプ競技場などの会場の活用、また一方では、札幌ドームという先進的な大規模屋内施設を生かして人工的につくられたコースの会場をそれぞれ提供するという世界初の試みにございます。さらに、札幌の持つ高度なアミューズメント機能や各種のサービス機能を来札する多くの人々に提供できることも、従来の大会が自然の中で行われてきたことから見ますと大きな特色の一つであろうかと考えます。加えて、各競技すべてを、国際映像を通じて、ヨーロッパのみならず、アジア圏に初めて提供する試みも特色の一つであります。いずれも、従来に例のない札幌ならではの大会と考えております。
 次に、大会の内容についてでございますが、別紙資料の2から4をご参照いただきたいと思います。
 大会期間は、2007年2月22日から3月4日の11日間でございます。
 競技種目及び会場は、まず、ジャンプは大倉山と宮の森の両競技場で、クロスカントリーは短距離のスプリント競技が札幌ドームで、それ以外の中距離種目は白旗山競技場でそれぞれ行い、全競技18種目を予定しております。
 なお、開会式は札幌ドームを予定し、表彰式は札幌駅前で、閉会式は白旗山競技場で行うことを考えております。
 次に、本大会の参加状況などについてご説明いたします。
 参加国は、今までの海外の大会では38から50カ国でありますが、札幌においては45カ国程度を予定しております。選手、役員数は、今までの海外大会では1,100名から1,400名でありますが、札幌においては1,200名程度を予定しております。
 参加動員数の規模は、今までの大会では20万から35万人程度でありますが、札幌においても同程度を見込んでおります。テレビやラジオを通じました視聴者規模は、今までのヨーロッパ大会の例では4億から5億人程度が視聴しておりますが、札幌においてはアジア圏への映像配信の拡大が見込まれますので、6億人程度の視聴を考えております。
 来札する海外のプレス関係者の規模は、500人程度を見込んでおります。
 なお、海外のプレス関係者には、競技の取材のみならず、札幌の生活文化、経済などのシティPRをお願いし、世界に紹介してもらうことなども考えております。
 次に、札幌大会の成功に向けた盛り上げの取り組みについてでありますが、まず、市民ボランティアの参画についてであります。
 通訳、会場案内などの運営業務に当たるスタッフ約2,000名のお力をおかりする予定でございます。また、国別の応援や札幌の歴史、文化などを紹介するボランティアも予定しております。現在、大会運営に当たるボランティアの中核を担う500名を募集いたしましたところ、予定を上回る770名の応募がございました。今後も、競技団体や体育振興会などの力をおかりして、スポーツ大会や祭り行事でノルディックスキーの持つだいご味を皆さんに知っていただく機会を数多く設けてまいりたいというふうに考えております。
 次に、PRについてでありますが、別紙資料5を参照願います。
 今までのPR活動といたしましては、国際的にもホームページを開設いたしましたこと、それから、オーベルストドルフ大会においてもPRをさせていただきました。また、さっぽろ雪まつりでのPR、東京でのプレス懇談会などを行ってまいりました。
 これからのPR活動の予定でございますが、大会500日前カウントダウンイベントの開催、あるいは、海外のマスコミに向けましたノルディックフォーラムの開催、ミュンヘンクリスマス市におけるプロモーションなど、資料5のとおりを予定しております。
 次に、プレ大会についてのご説明を申し上げます。
 来年1月及び3月に実施されますノルディックスキーワールドカップをプレ大会と位置づけまして、観客、選手の誘導計画とかメディアの撮影ポジションの確認、あるいは、新しくできましたコースの確認など、さまざまな検証を行うこととしております。
○山田一仁 委員長  それでは、質疑を行います。
 質疑はございませんか。
◆宮村素子 委員  私は白旗山の近くに住んでおりまして、実は、この2月は札幌市内では排雪する時期でございます。もちろん、白旗山まで、それ以外も含めて、この期間中の道路の除雪というのは例年よりかなりきめ細やかにされるのかなと思うんです。ただ、羊ケ丘通のちょうど白旗山に向かうところの両方に大きな雪堆積場がありますし、白旗山周辺にも幾つかあります。そんなので、時間帯が違うということもあろうかとは思いますけれども、やはり、その期間中、特段の配慮がされるのかどうか、ちょっと伺いたいと思います。
◎川井 スポーツ部長  現在、委員ご指摘のとおり、そういう問題点は私どもも十分認識をいたしております。今、排雪時間と我々の交通時間というか、運搬時間なんですが、その時間調整、あるいは道路の取り合いについて、道警を含めて、まさに計画をやっている最中でございます。
 今ご指摘の内容については我々も十分認識しておりますので、ご迷惑をかけないように実施をしたいというふうに考えております。
◆宮村素子 委員  それで、区民の方への周知方を事前にしっかりとお願いしたいと思うところです。やはり、個人で排雪するという方もおりますので、ぜひともよろしくお願いしたいと思います。
◎川井 スポーツ部長  ご指摘のとおり、十分認識をさせていただいて、実施に当たりたいと思います。
○山田一仁 委員長  ほかにございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
○山田一仁 委員長  なければ、質疑を終了いたします。
 次に、八窓庵プレハブ上屋倒壊事故調査の概要についてを議題とし、理事者より報告を受けます。
◎大村 文化部長  八窓庵プレハブ上屋倒壊事故調査の概要についてご報告申し上げます。
 中島公園の日本庭園内にございます八窓庵が、八窓庵を雪から防護していたプレハブ上屋の倒壊により損壊いたしました。
 日本庭園は、11月4日から4月下旬まで冬期間閉鎖しておりまして、2カ所の出入り口の大きな塀も閉鎖され、園内は立ち入り禁止で、園内は除雪を行っておりませんので、自然降雪のままとなっております。
 中島公園における八窓庵の位置関係につきましては、お手元の資料の3ページの位置図のとおりでございます。
 また、八窓庵の茶室と一体となっております竹垣、生け垣、露地、露地というのは純和風の日本庭園のことでございますが、屋根の雪を下ろすことができないため、雪害から茶室を守る上屋を設けておりまして、平成12年度からはプレハブ形式の上屋を設置することによりまして八窓庵を全面包囲し、これまで34年間、保存してきたものでございます。
 八窓庵は、1600年代に大名茶人小堀遠州がつくったものと言われており、気候温暖で降雪の少ない滋賀県にあったものでございます。
 札幌に寄附されるまでの経緯は、お手元に配付させていただいております資料の4ページの右側に記載のとおりでございます。
 同じ資料の4ページの左の下に間取り図がございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 黄色い部分が八窓庵でございまして、左側の白い部分が三分庵でございます。
 三分庵は、多少傾いておりますが、そのまま建っておりまして、八窓庵が倒壊をいたしました。
 この八窓庵は、二畳台目と言われまして、この黄色いところの下でございますが、畳2枚と4分の3の切妻づくり、三角形の屋根でございます。非常に小さな茶室でございますけれども、国指定の重要文化財となっております。名前のとおり窓が八つございまして、そして、土壁で、土台は江戸時代の当時のままの丸い石の上に乗っているという極めて華奢な茶室でございますが、これまで幾多の台風や地震にも耐えてきたところであり、今回の事故は本市としては考えられない事故でございましたので、今後このような事故を再発させないためにも、4月に学識経験者などで構成する札幌市八窓庵プレハブ倒壊事故調査委員会を設置いたしまして、プレハブ上屋の施工の状況、はりや柱の部材の強度、当時の積雪状況等のデータ分析や、建築関係法令に定められている基準などをもとに、倒壊の原因、倒壊に至った経過等について詳細に調査を進めてきたところでございます。その調査報告書が今月の下旬に提出される予定になっておりますので、調査の着眼点などについてご報告させていただきます。
 なお、プレハブ上屋設置当時の写真、それから、事故当時の写真、調査時の写真、曲がった部材の写真を5ページから6ページに添付させていただいておりますので、ご参照いただければと思います。
 まず、お手元の資料の1ページにお戻りいただきまして、4調査の着眼点の(1)事故当時の屋根上の積雪量では、事故当時の写真や札幌管区気象台の気象記録などから、屋根上の平均的な積雪深、これは積雪の深さでございますが、積雪深については少なくとも80センチ程度であったと科学的に推定し、その重量については気温、積雪密度等から1平方メートル当たり306キログラム程度あったものと推定しています。
 次の4調査の着眼点の(2)建築基準法において耐えることが必要とされる積雪量についてでございますが、八窓庵のございます札幌市中央区では、札幌市建築基準法施行細則によると、平成13年4月から、建物の耐えることが必要される積雪深は1.4メートルとされ、その重量は1平方メートル当たり428キログラム以上とされています。
 なお、平成13年3月までは、積雪深、積雪の深さは1メートルとされておりました。
 また、資料の2ページ目になりますが、調査の着眼点の(3)でございます。使用されていた部材の積雪に対する強度では、屋根を支える主要な水平材である大ばり、大きなはりでございますが、大ばりの積雪に対する強度は、1平方メートル当たり306キログラム程度であるとしております。最も積雪の重量がかかる東側から2本目と、西側から2本目の大ばりが横方向に折れ曲がりましたが、当時あったと推定される屋根上の積雪重量に対しまして、横方向に折れ曲がる現象である横座屈と言うのですが、横座屈が生じた可能性があることを科学的に判断しております。今月下旬に事故調査委員会から正式な報告書が提出されますことから、委員の皆さんには、後日、報告書をお届けさせていただきたいと思います。
 復元につきましては、3月に文化庁に報告に出向きまして、5月に文化庁の主任調査官が来札し、調査団から、復元可能であり、復元に向けた努力をしてほしいという見解が示されました。これまでも、豊平館や時計台の修復を担当しております文化財の保存修復の専門団体でございます財団法人文化財建造物保存技術協会に、現在、復元に向けての調査を依頼しておりまして、復元手法の検討や復元費用の算出などをしていただくこととしております。
 今後は、提出される報告書の内容をよく検討の上、文化庁の指導を受けながら、復元費用が確定された後は、プレハブ上屋を設置した業者と費用負担について交渉を行っていく予定でございます。
○山田一仁 委員長  それでは、質疑を行います。
 質疑はございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
○山田一仁 委員長  なければ、質疑を終了いたします。
 以上で、本日の委員会を閉会いたします。
    ──────────────
      閉 会 午後1時22分